Ikeda->Weblog();

Ikedaの徒然雑記。

CPAP 装着記。

| 0件のコメント

装着記。先月から呼吸器系のクリニックに通い、1泊の検査入院を経て、
CPAPという器具の使用を勧められました。

検査の結果、かなり重症のSAS(睡眠時無呼吸症候群)と診断され、本来はもう一度、器具のチューニングの為の入院が必要なところ、

『予約待ちなんて悠長なことを言ってられん』

ってことで早速使い始めることになりました。

昨日、ちょっと仕事を早上がりし病院へ。 器具の使い方について説明を受け、今後の事を相談してきました。

さて、いよいよ夜でございます。
ノーズマスクを装着。。。あ、先にメガネは外しておきましょう。 (メガネしたまま装着して外せなくなった奴がここに一人)
寝ている間、口が開かないように専用のベルトでアゴを固定。 本体とマスクをホースで接続。

ふと鏡を見ると物凄いことになってます。
エレファントマン(古)か、戦闘機のパイロットかって感じです。

スイッチON!
本体からホースを伝い、与圧された空気が送り込まれてきます。

おおおおっ
吸える!すごく楽に吸えるっ!!!
・・・・・これいつ息吐けばいいんだ・・・?

無理矢理吐けばいいようです。バルブから余計な空気は逃げる模様。これぞまさしくブローオフバルブ。

最初はマスクや与圧空気に意識がいってしまいなかなか寝付けません。ヘタするとたまに呼吸のタイミングを忘れます。 特に息を吐くことを忘れますw
それでもなんとか就寝。

そして今朝。
やたらとぱっちりと目が覚めました。
おおっ!!凄い!ものすご頭がすっきりしている!!
これかぁ〜〜〜〜〜、これなのかぁ〜〜〜〜〜〜〜っっ!!
本当の睡眠とはこういうものだったのかぁ〜〜〜〜〜〜っ(感涙

しばし感動の朝でした。

イビキが凄い人、寝ると鼻呼吸ではなく口呼吸になる人、
朝起きると口の中がカラカラになっている人、
SASの恐れがあります。
今までの睡眠は本当の睡眠ではない恐れがあります。

速やかに呼吸器系の病院で受診しましょう。
ちなみに僕が通っているのは横浜駅のヨドバシの先、横浜呼吸器クリニックというところです。
先生は穏やかかつ非常に説得力がある話し方をする方で、 会話の中に非常な経験と知識が見え隠れします。
安心できるクリニックだと思いますよ(^-^)

コメントを残す