Ikeda->Weblog();

Ikedaの徒然雑記。

自衛が必要なのはmixi自身だったというオチ?

| 0件のコメント

自衛が必要なのはmixi自身だったというオチ?mixiに対しても自衛策が必要になるのか?というエントリを書いて帰宅したら、mixiの告知に追記がありました。


利用規約改定に関するお知らせ(追記)

特にお問い合わせの多い【第18条 日記等の情報の使用許諾等】に関しまして、誤解を避けるため、当社が想定している具体的な使用について補足説明をさせていただきます。

上記の条項につきましては、ユーザーのみなさまが『mixi』のサービス内で作成した日記、著作物等の情報について、従来どおりユーザー自身が権利を有することに変わりはありません。


なるほど。著作権(と呼べるのかどうかわかりませんが)はユーザ自身が持っているわけですね。


し・か・し


著作者人格権を行使しない
ことについては何も触れていないので、「権利は持ってるけど主張できない」ってことなのかな。


追記は続きます。


また、ユーザーのみなさまが投稿した日記等の情報(公開している自主作成の映像やイラスト、テキスト等)の使用に関しては、当社の以下対応について同意いただくもので、当社が無断で使用することではありません。

  1. 投稿された日記等の情報が、当社のサーバーに格納する際、データ形式や容量が改変されること。
  2. アクセス数が多い日記等の情報については、データを複製して複数のサーバーに格納すること。
  3. 日記等の情報が他のユーザーによって閲覧される場合、当社のサーバーから国内外に存在するmixiユーザー(閲覧者)に向けて送信されること。


うわーーーーーーー、苦しい言い訳にしか聞こえねぇ~~~~~~~っ!!(笑
ここまで突っ込みどころが満載だと逆に笑いがこみ上げて来るんですが(^^;

確かにサーバのデータベースに書き込む際や、実際にディスクに書き込まれる際には圧縮もするでしょうしブロックサイズによって実体サイズは変わるでしょう。でもそれって「改変」とは言わないと思われますが。

複数のサーバに格納すること、って。。。。それなりの規模のアクセスが想定されるサーバならクラスタリングやロードバランスは行うのが普通でしょう。まさか100万ユーザ規模のシステムがサーバ1台だけで動いてるとは思いませんしねw

国内外に存在する閲覧者に向けて送信されること。って、それはWEBサーバである以上当然なのでは。。。?w

これ、、、ホントにシロートな方なら「あ、そうなのね」で済むかもしれませんが、、、
ちょっとでもWEBシステムとかサーバのこと知ってる人間にとっては突っ込み所が多すぎて笑いが止まりませんよ?
きっと言い訳ひねり出すのに苦労したんだろうなぁ、ちょっと技術的な単語とか入れておけば説得力あるだろう、とか思ったんだろうなぁ、とか。

でもちょっと苦しすぎましたねぇ。。


なお、ユーザーのみなさまの日記等の情報を書籍化することに関するお問い合わせもございますが、こちらの点につきましても、従来どおり、ユーザーのみなさまの事前の了承なく進めることはございません。


だそーです。

最後に、

なお、利用規約につきましては、今後もご利用いただくお客様にご理解いただきやすい内容になるよう引き続き検討してまいります。



最初からそうしてください、マヂで。

 

あと、若干でもWEBのことわかってる顧問弁護士をお願いしたほうがいいと思います、老婆心ながら。

コメントを残す