Ikeda->Weblog();

Ikedaの徒然雑記。

七つの鍵をもて 開け地獄の門!

| 0件のコメント

七つの鍵をもて 開け地獄の門!

わかる人にはわかるタイトルでこんにちは。

ウズベキスタンに「地獄の門」と呼ばれている巨大なクレーターがあるそうです。

35年間ずっと燃え続けている地獄へ通じるクレーター「The Door to Hell」 – GIGAZINE

写真は続きに。
萌えて燃えてますよ、、穴の底が。
これはまさしく地獄への門。

なんとこのクレーター、35年間も燃え続けているのだとか。

発端は1971年に地質学者がこの場所の地下にある地下空洞が天然ガスで満たされているということを発見した事に始まります。

当時(今でも)貴重なエネルギー源ですから、当然採掘装置が設置されました。
しかし、装置の重量のせいか、はたまた地盤のせいか、装置を設置していた場所が直径約50メートルから100メートルに渡って崩壊、現在のような大穴が空いてしまったそうです。

そのまま放置するとガス(有毒らしいです)が地上に漏れ出してくるので、やむなくガスに着火、燃やしてしまうことに。

で、かれこれ35年が経過しているとのこと。

リンク先のGIGAZINEには他にも数枚の画像や、YouTubeにアップされた実際に燃えている様子のムービーがありますので、ぜひご覧あれ。

で、、、どれだけのガスが消費されて、どれだけのCO2が排出されてきたんでしょう・・・・;;

コメントを残す