Ikeda->Weblog();

Ikedaの徒然雑記。

机上の空論とはまさにこのことか

| 0件のコメント

机上の空論とはまさにこのことかやれ減収だ増収だとあちこちで試算しまくってますが。

たばこ1000円、最大6兆円増収 厚労省研究班試算 8割禁煙でも現状維持(産経新聞) – Yahoo!ニュース

厚生労働省研究班(主任研究者・高橋裕子奈良女子大教授)が試算したそうです。

たばこ1箱の価格が1000円になるよう増税した場合、最大で現行の5倍、約11兆円の増収となります。
ただし、値上げにより禁煙する現・喫煙者が出てきます。研究班ではこれを51.3~25.9%減、と予測。
従って、税収は5兆3570億~8兆1510億円と予測され、3兆~5兆9000億円程度の増収、と弾き出したわけですね。

例えば8割の人が禁煙したとしても現行の2兆2000億円はまかなえるそうで。

ほ~~~~~~ぉ・・・・・・・・・・





教授殿・・・・・大事な事を忘れていませんか?

喫煙者が半分になったら、当然販売される煙草の数も半分になるわけで。
つまり、メーカーの売上が半分以下に落ち込むわけですよ。

・・・・・メーカー潰れますよ?

潰れなくとも不採算な部門は縮小・撤退が考えられるわけで。

たばこそのものの販売が激減もしくは無くなった場合、これで増収だぜガハハなんて言ってる場合じゃないような気が。

『よし、税金が5倍になってウハウハだぜ、喫煙者も減るし、こりゃ1000円に値上げするっきゃねーよ!』という空気を作りたいのはわかりますがね。禁煙を促進させたい厚生労働省の研究班ですしね。

お偉いセンセイのお言葉に対して申し訳ありませんが、俺には「机上の空論」としか見えませんのであしからず。

あ、それともアレですか、今度は細々と海外から輸入されるタバコにがっつり課税してウハウハ、ってこと?

コメントを残す