Ikeda->Weblog();

Ikedaの徒然雑記。

エコな靴に履き替えました。

| 0件のコメント

エコな靴に履き替えました。っても俺のじゃなくてクルマの靴、タイヤを交換してきました。

FFなのでフロントの磨耗が激しく、特に右側はショルダー部分がつるつる状態(右側は運転席があるので常に荷重がかかっています。なのでフロントでも特に右側が減るわけですな。左ハンドル車は左が減るんでしょう、きっと)。

夏の奇声帰省で高速ロングドライブが控えてます。このタイヤじゃ不安・・というより危険。思い切って交換しちゃえ!ということで、詳細は続きに。



とは言え厳しい財布事情、いくら思い切ろうが清水からダイブしようが予算は限られています。色々とリサーチした結果、自宅に近い小杉タイヤさんが最安値でした。さらに交換工賃や廃タイヤの処分も無料!しかも、交換したタイヤが磨り減るまでの間、パンク修理やローテーションを無料で行ってくれるとのこと。凄い!!
交換の様子を撮影しようと思っていたんですが、デジカメ持ってくの忘れました orz

いやしかしこのお店はオススメですよ!作業が速いし丁寧だし安いし。
車を持ち込んだのが19:30でしたが、4本全交換(当然バランス取りも)が終了したのは20時前でした。
30分かかってないですねぇ、、、本職の手にかかればこんなもんなんでしょうか?

さて、今回履いたエコ靴はこちら。


ヨコハマタイヤのDNA Earth-1です。
「オレンジオイル」でグリップ力、「天然ゴム」でころがり抵抗の低減を両立させた次世代のエコタイヤ、だそうで。

メーカーデータによると、従来のエコタイヤ「DNA ECOS ES300」と比較し
  • ころがり抵抗 21%低減 (転がり抵抗係数RPC 94.8→74.7)
  • 100km/hからのウェット制動 3.4m短縮 (50.9m→47.5m)
  • 静粛性 0.3dB 低減 (70.9dB→70.6dB)
と性能アップ!!

せっかくのエコタイヤなので、エアも窒素ガスを若干高めに入れてもらいました。

ちなみに費用はこんな感じ。
  •   10,000- (1本) ×4
  • バルブキャップ 250-(1個) ×4
  • 窒素ガス 2,000-(4本分)
これに消費税で、トータル4万6千円弱。
ちょっとどうですかこれ、お安くないですか奥さん!?しかも今なら金利手数料はジャパ(略)が負担!!!(違)
自分や家族の命を預けるタイヤですし、ガソリン値上がりも激しい今日この頃。一番安いタイヤでもトータル3万は超えるでしょうから、それを思えば安い買い物ができたと思っています。

さて、Earth-1のインプレッション・・・といきたいところですが、まだ20kmほどしか走っていないので具体的な燃費の向上具合はわかりません。が、ちょっと感じた点は
  • 停止前にアクセルを抜くタイミングが速くなった
    アクセルを抜いても今までより長く惰性で走り、なおかつスピードの低下が緩い感じです。慣れるまでは普段どおりのタイミングでアクセルを抜いてエンジンブレーキ→フットブレーキだったので、逆に止まらないように感じました。
  • 発進加速が軽くなった気がする
    余計な荷物を降ろした影響も大きいとは思いますが、発進時に踏み込むアクセル量が少なくなったように思います。
  • 巡航が楽
    最初の項目とカブりますが、一定速度を維持するためにアクセルを踏む時間が短く、量が少なくなったように思えました。
若干高めのエア圧(2.2kg程度)もかなり影響大ですが、「次世代エコタイヤ」の名はダテじゃないと感じさせてくれましたね^^

今日の夜中に神奈川→岡山まで、東名→名神→中国→山陽道を750kmほど走ります。
今まではフルタンクで出発し高速で1度給油、到着時にタンク半分という感じでしたが、、、

さて、Earth-1の真価は如何に。

コメントを残す