Ikeda->Weblog();

Ikedaの徒然雑記。

[五輪] 思いつきで計算してみた。

| 0件のコメント

[五輪] 思いつきで計算してみた。前のエントリでメダル獲得数と人口に触れましたが、ちょっと思いつきで計算してみました。

2007年7月1日時点での各国の人口推計は

  • 日本 1億2700万
  • 中国 13億2800万
  • アメリカ 3億500万
  • イギリス 6070万
  • ロシア 1億4200万
とだそうです(Wikipediaより)。

ということは、1000万人あたりのメダル獲得数は以下のようになります。


日本
  • 金 0.75
  • 銀 0.50
  • 銅 0.75
  • 合計 2.0
中国
  • 金 0.34
  • 銀 0.11
  • 銅 0.16
  • 合計 0.62
アメリカ
  • 金 0.96
  • 銀 1.06
  • 銅 1.06
  • 合計 3.8
イギリス
  • 金 2.83
  • 銀 2.00
  • 銅 1.83
  • 合計 6.6
ロシア
  • 金 1.14
  • 銀 1.14
  • 銅 1.35
  • 合計 3.64
(単位:個/千万人)

こう見るとイギリスの数値が飛びぬけてますね。メダリストが151万人に1人ですよ。人口がロシアの半分ほどなのに、メダル獲得数ではロシアを越えてますからこんな数値になるわけですね~
逆に中国はその人口の多さが災い(?)して、最も低い数値となってしまいました。メダリストが2000万人に1人、ということですね。

思いつきでしたが、なかなか面白い数値が出てきました^^

とは言え、オリンピックでメダルを取るということはそんな生易しいものではないですし、選手の血の滲むような努力の積み重ね(と、ちょっとの運)の結果です。
こんな数値なんか忘れて、素直にメダリストを称えることにしましょう(^_^)
(じゃあ書くなよという突っ込みは華麗にスルーさせて頂きます)

北京オリンピックもあと僅か。

全ての競技を終えた選手、本当にお疲れ様でした!
これから臨む選手、全力でオリンピックを楽しんでください!
がんばれニッポン!

コメントを残す