Ikeda->Weblog();

Ikedaの徒然雑記。

[taspo] 届きました。

| 0件のコメント

[] 届きました。「申込しました」とかの前振りは一切ナシでしたが、先日、配達記録郵便でtaspoが届きました。
申し込み用紙を送付して2週間弱というところでしょうか。

こんなんです。



顔写真はハメコミ合成です、念のため。
幾つか番号やらありますが、どこまで隠すべきなのかわからないのでとりあえずモザイクを。

裏面はこんな感じ。

利用規約や利用案内が書かれています。
手持ちを携帯で撮影したためブレまくってます;;

taspoはEdySuica/PASMOと全く互換性の無い日本たばこ協会独自電子マネー「ピデル」を採用していますが、電子マネーの発行・運営・管理は(株)JCBが請け負っているようです(→JCBのプレスリリース)。

SuicaやPASMOなどFelica系ICカードと比較してみると、taspoはかなり薄く見えます。
というよりペラいです。どこにICチップ入ってるんだ?って感じですね。

さて、実際にタバコを購入してみましょう(写真なし)。
taspoは財布の一番外側のポケット(札入れの部分)に入れて試してみます。

まずはコイン投入。

おもむろにタバコを選択。

「たすぽヲたっちシテクダサイ」

おお、遂に来ましたよこの時が。

まずは財布ごとタッチ。・・・・・・・・認識しません。
ちょっと強めに財布をばしっ・・・・・・・・・認識しません。
ということで、諦めてtaspoを取り出して直接タッチ・・・・認識!!!・・・しますわなそりゃ。

Suica/PASMOは定期入れ等に入れたままでもタッチすれば(ほぼ)認識されます。その感覚でやってみたんですが・・・・ダメのようです(ちなみにtaspoと同じ場所にSuicaを入れて改札にタッチしたところ、無事認識しました)。
これは今後リーダー側のチューニングで改善されるんでしょうかねぇ・・不安だ。

財布やカード入れから出さなくても使えるという点は「非接触型ICカード」の大きな利点の1つだと思うんですが、「直接タッチしなきゃダメ」ってことなら普通の磁気カードでもよかったわけで。詰めが甘いような気がしますね;;

taspo所持により今後は自動販売機も使えるわけで、僕自身にしてみれば若干の便利さアップです。が、個人的にまだまだ性能や利用価値(と存在意義)に疑問が残ります。
これからの動向を見守りつつ、しばらく使ってみますね。今後、「全国で○○万枚発行」ってニュースが出たら、そのうちの1枚は僕のだと思ってください(何)

コメントを残す