Ikeda->Weblog();

Ikedaの徒然雑記。

なんかベクトルが違う気がして仕方ないんですが。

| 0件のコメント

なんかベクトルが違う気がして仕方ないんですが。既にあちこちで話題になってて、かなり今更なんですが。。。

:死亡幼児は兵庫県の男児 安全性問う声 – 毎日jp(毎日新聞)

7月29日、祖母宅でおやつに凍らせたこんにゃくゼリーを食べた。直後にのどに詰まらせ、病院に運ばれたが脳死状態になり、9月20日に多臓器不全で死亡した。



んでもって


asahi.com(朝日新聞社):こんにゃくゼリー自主回収促す 事故受け消費者担当相 – 社会

こんにゃく入りゼリーによる窒息死亡事故を受け、野田消費者行政担当相は2日、ゼリーを製造した「マンナンライフ」の鶴田征男会長らを内閣府に呼び、再発防止策について説明を求めた。野田氏は「小さな警告マークのみの商品は自主回収し、一から出直すことも考えてはどうか」と促した。



・・・・・・・・・・・・・・・物凄く違和感を感じるんですがー。


今までに17件の窒息死亡事故があったということで、、、亡くなった子供やご両親・ご遺族の強い悲しみは理解できます。俺にも3歳のチビが居ますから。





製造全面禁止を求めるってのはちょっとお門違いじゃね?


って思うわけですよ。
幼児や老人には食べさせないでくれ、もしくは細かくしてよく噛んで食べてくれ、って警告があるのに子供におやつとして食べさせた責任や、凍らせると危険だよ、ってのを無視して凍らせたものを食べさせた責任、ってのは追及すべきだと思いますが、それを製造者まで持っていくのはどう見ても「坊主憎けりゃ袈裟まで」な感じがするんですよ。

保育所でおやつとして出たこんにゃくゼリーで窒息死した子の親は

事故を防ぐために、すべてのメーカーのこんにゃくゼリー製造販売を禁止すべき

とコメントを発表しています。

で、こんなデータが。

「こんにゃく入りゼリー」よりものどに詰まって死亡した件数が多い危険な食べ物ベスト10 – GIGAZINE

1位:もち 168例
2位:パン 90例
3位:ご飯 89例
4位:すし 41例
5位:あめ 28例
6位:だんご 23例
7位:おかゆ 22例
8位:流動食 21例
9位:カップ入りゼリー 11例
10位:ゼリー&しらたき それぞれ4例



もちろん流通量や口にする機会の多さが違うので一概には言えませんが、ほぼ確実に


「もち・パン・ご飯も、窒息事故を防ぐためにすべての製造販売を禁止すべき」


と叫ばなければ筋が通らない気がします。


もっと言えば

  • 自動車も事故を防ぐために(以下略)
  • 包丁カッターナイフも、彫刻刀
  • 電車飛行機も事故を防ぐために

なんてことになるんじゃないですかねー。

ま、極論なのはわかってますが。



ってエントリを書いていたら衝撃(笑撃?)的なニュースが。

議員立法で規制を検討 「こんにゃくゼリー」で自民 – MSN産経ニュース

自民党消費者問題調査会(岸田文雄会長)は10日の会合で、こんにゃくゼリーをのどに詰まらせる死亡事故の続発を受け、形状変更などの規制を加える議員立法を検討する方針を確認した。今臨時国会への提出を目指す。



をいをい国家レベルでピンポイント爆撃かよ( ̄□ ̄;;


この調査会長はこんなこと言ってます。

「行政の対応に限界があるなら、新たな立法措置が必要と感じている。議員立法で(こんにゃくゼリーに対象を絞った)ピンポイントの対応を考えたい」


ピンポイント爆撃ってことを公言してるよこの人。

要するに、が法律という最終武器を持って、マンナンライフやその他こんにゃくゼリーメーカーを潰しにかかるわけですね。従業員と家族を国が路頭に迷わせるわけだ。ニートやらワーキングプア対策してますよ、って言ってるが。

つか、国会議員ってそんなに暇なのか????

こんにゃくゼリーに関しては司法で解決できる話だと思うんだけど、なぜ国が介入する?国レベルでもっと考えるべき問題、メラミンや事故米やら偽装表示やら山ほどある今、なぜこんにゃくゼリーにピンポイント爆撃

さて、その理由は以下のどれ?

  • タイムリーな話題に乗っかっておけば選挙で有利だから
  • マンナン他こんにゃくゼリーメーカーから政治献金が無かったから、もしくは少なかったから
  • 個人的にこんにゃくが嫌いだから
  • 上記全部

コメントを残す