Ikeda->Weblog();

Ikedaの徒然雑記。

なんという懐の深さか

| 0件のコメント

なんという懐の深さか会社ですが泣きそうになりました。

時事ドットコム:安心して産める社会に=「誰も責める気ない」-死亡妊婦の夫が会見

東京都内で8つの病院に救急搬送を断られた妊婦(36)が脳内出血で死亡した問題で、夫の会社員男性(36)が27日夜、厚生労働省で記者会見し、「妻が浮き彫りにしてくれた問題を、力を合わせて改善してほしい。安心して赤ちゃんを産める社会になることを願っている」と訴えた。
~~中略~~
最初に断った同病院の当直医について「傷ついて辞めるようなことになったら意味がない。絶対辞めないでほしい」と話した。
さらに脳死状態で3日間を過ごした妻が亡くなる日、保育器に入ったままの赤ちゃんを連れてきて妻の腕に抱かせてくれて、親子水入らずの短い時を過ごしたエピソードを披露。「墨東病院の医師も看護師も本当に良くしてくれた。彼らが傷つかないようにしてほしい」とした。



なんというこの度量。。懐の深さか。

俺と同い年ですよ。。
もし、俺が同じ立場になった時に、こんなことが言えるかどうか。
憎しみや憤りという感情はもちろんあるでしょう。最初に断られた墨東病院の当直医や、他の病院に対してそれをぶつけても、それが普通に思えます。


しかしこの方はその当直医や看護師のことはもちろん、産科医師不足や緊急搬送の今後について語っています。愛する奥さんの死を無駄にしないで欲しい、と。


なんという・・・漢。


こんな男性に愛された奥さんはさぞ幸せだったでしょう。そして、さぞや無念だったでしょう。
心より、ご冥福をお祈りします。


最後にこの方はこんなことを言われていました。

「のど元過ぎれば忘れるのではなく、具体的な目標を持って改善に向かってほしい。何かが変われば『これを変えたのはおまえのお母さんだよ』と子供に言ってあげたい」



今回の事件に関わった、墨東病院はじめ8つの病院の医師の方々。


真に医師であれば今回のことでご自分を責めていらっしゃることでしょう。しかし、それで医師を辞めるという選択肢は絶対に選ばないで頂きたい。この旦那さんも言われているとおり、それにはなんの意味もありません。そこで医師を続ける、医師であり続けることこそが、今回亡くなった方やご遺族への罪滅ぼしでもある、と思いますよ。


最後に、亡くなられた奥さんのご冥福を再度お祈りしつつ、旦那さんとお子さんの今後を心より応援したいと思います。

がんばれ、同級生!

コメントを残す