Ikeda->Weblog();

Ikedaの徒然雑記。

なぜ謝るのかわかりません

| 0件のコメント

なぜ謝るのかわかりません時事ドットコム:服装、態度で22人不合格=成績は圏内-神奈川県立高

県立神田高校(平塚市)で2004、05、07年度に行われた 入学試験で、内申書、学力試験、面接の総合的な成績順位は合格圏内に入っていたのに、 願書受け付け時の服装、態度などが悪く入学後の生徒指導が困難と判断した受験者22人を、選考基準に従わず不合格にしていたと発表した。


えー、、願書受け付け時から既に服装やら態度やらが悪い、と判断できたんなら入学許可しなくてもいいと思いますが。



なのに、ここの校長は

「先生方の生徒指導の負担軽減とまじめな子をとっていきたいという思いだけだった。大変申し訳なく思っている」と陳謝


しているそうです。

すいません、なにが申し訳ないんでしょう?
教育委員会の定めた選考基準に従ってない点は教育委員会に謝ればいいんじゃないのかな、とか。

最初から

「我が校では校外での服装や態度も重視します。よって願書受け付けと言えど入学の判断基準にします」


って宣言しとけば問題ナシだったかもしれませんねー。来年からそうしましょう、校長。

しかし、、、入学したい学校に願書出すっていう時に、どんな格好や態度してたんだろう?
何千人も高校生を見てきた教師が見て「コイツは入学後手を焼きそうだ」って判断したくらいだから、その判断は尊重していいと思うんだけどなー。

これで謝るんだったらもう入学試験とか要らないんちゃう?入りたいってヤツは全部入れちゃえば?

こうやってなんでもかんでも謝るから、モンスターがつけあがるんじゃないかと。
まぁ、、、県立の学校だから仕方ないのかなー、、、なんかおかしい気がするけど。

あれ、高校って義務教育だっけ?


2008/10/29 15:55追記

asahi.comの記事によると、実施された選考基準に沿っていない「裏基準」とは、
  • 髪の色
  • ピアス跡
  • つめの長さ
  • 眉そり
  • スカートの長さ

等だったようです。こうしたチェックは校長の指示で行われていたとか。これがダメってことは、

『金髪ピアス眉なしでも試験の点数が良かったら入学させろ』

ということですか。

そりゃ先生も入学前からウツになりますわな。

さらに、

県教委の説明では、同校には指導上の問題を抱える生徒が多く、教員の負担が大きかったという。山本正人教育長は「学校をよくしたいとの思いは否定しないが、ルールにのっとったやり方にするべきだった」と話した。


ルール、、ねぇ。全ての学校に統一した選考基準だけで入学を許可するなら、大学と同じでセンター試験とかやればいいんじゃなかろうかと。学校をよくしたい、という熱意より、自分達教育委員会の言いなりになるかどうか、が重要なわけですね。

しかし疑問なのは

県教委が公表している県立高の選考基準では、調査書と面接、学力検査を点数化し、合算した上位から合格を決めることになっており、身なりや態度は基準に含まれていない。


身なりや態度を基準に含まない』と言いつつ『面接する』ってのはどういうこと?それに、「内申書」ってのはある意味、生徒の力だけではどうにもならない部分が多いし非公開だし、これも『裏基準』じゃないの?

なにが誰に対してどう不正なのか、教育委員会にははっきりさせて頂きたいものです。
で、来年からはあらかじめ宣言しときましょうね、校長。

コメントを残す