Ikeda->Weblog();

Ikedaの徒然雑記。

Mantisをさらに弄んでみる~DokuWikiと連携させる

| 0件のコメント

Mantisをさらに弄んでみる~DokuWikiと連携させるさて、Mantisを弄んでみるシリーズ第3弾。

 

ソースファイルリストをぼーーっと眺めていると、.php というファイルを発見しました。

あれ?MantisにWikiってあったっけ?

 

設定項目をあちこち見ても、ドキュメントを隅々まで読んでも、Wikiエンジンが実装されている、なんて記述はみつかりませんでした。



しかし、デフォルト設定ファイル(config_defaults_inc.php)の中にこんな項目が。

 

$g_wiki_enable = OFF;  // Wiki との連携
$g_wiki_engine = ‘’;  // Wikiエンジンの指定
$g_wiki_root_namespace = ‘’;  // が使用する名前空間
$g_wiki_engine_url = $t_protocol .’://’. $t_host .’/dokuwiki/’;

 

ぬお!連携機能あるんだ!?

てことで、早速設定してみました。

偶然にもTOOR.JPでは開発メモその他のためにDokuwikiを稼動させていました。ちょうど用途も合っていますし、そのWikiに連携させてみましょう。
ちなみに現バージョンではDokuwikiの他 MediaWikixWikiとの連携がサポートされているようです。

Mantisの設定ファイル(config_inc.php)にこんな感じで追記します。

 

$g_wiki_enable = ON;  // Wiki との連携

$g_wiki_engine = ‘dokuwiki’;  // Wikiエンジンの指定

$g_wiki_root_namespace = ‘mantis’;  // mantis が使用する名前空間

$g_wiki_engine_url = $t_protocol .’://’. $t_host .’/dokuwiki/’;

 

デフォルト値と違うのは enable が OFF → ON になったくらいですね(笑

そしてDokuwikiにはmantisが使用する名前空間(mantis:)を作成しておきます。ユーザ認証レベルでの連携はしないようですので念のため(Dokuwiki側の認証をMySQLにしてMantisのユーザテーブルを読ませる、、という手を使えばいけるかも)。

 

Mantisにログインすると、、、お、メニューに燦然と輝く「Wiki」の文字!(大袈裟)

クリックすると、さくっとDokuwikiの『mantis:プロジェクト名』というページにジャンプします。おー、プロジェクトホームって感じですな。TOORのはクローズドWikiだけど。

 

で、先程ちらっと wiki.php を読んでみたら、飛び先は2つあるようです。

通常は mantis:プロジェクト名 というページ。もうひとつはチケットページからのリンクで、mantis:プロジェクト名:issue:チケットID というページに飛ぶようです(Dokuwikiの場合)。

逆のパターン、DokuwikiからMantisへ自動的にリンク。。。は標準では無理ですね。なにかのDokuwikiプラグインを使うか、自分でプラグインを書くか。
まぁ自分でリンクを書けば済む話ですが^^;

 

しかしながら、これでMantisからDokuwikiベースのプロジェクトページと、それぞれのチケットに関するページに直接飛び込むことができます。

ん~~~、痒いところに手が届きますなぁ~~、Mantisってば。

てことで、個人ベースから数人程度の中規模プロジェクトであればMantisはかなりお薦めのBTSだと思いますよ!!

コメントを残す