Ikeda->Weblog();

Ikedaの徒然雑記。

偉大なるロックドラマー、逝く

| 1件のコメント

偉大なるロックドラマー、逝くなんてこった・・・・・・

復活意欲も…ラウドネス樋口宗孝さん死去(芸能) ― スポニチ Sponichi Annex ニュース

ロックバンド「LOUDNESS(ラウドネス)」のリーダーでドラムスの樋口宗孝さん(49)が30日、死去した。
ギタリストの高崎晃は、自身のHPで「今朝LOUDNESSのドラマーの樋口宗孝が肝ガンの為、永眠しました。たくさんの応援とお見舞い、ありがとうございました」とファンに報告した。



ひぐっつぁぁぁぁぁぁぁんっ!!(T□T)



つい先月、公式サイトなどの媒体に

まだ危険な状態を脱したわけではなく、今後の見通しも予断を許さない


精神力と体力で、引き続き、この大病と闘っていく

と、力強いメッセージを寄せてくれていました。

 

俺がドラムを始めた中学時代はまさにジャパメタ全盛期で、LOUDNESSはその筆頭となるバンドでした。ひぐっつぁんのドラムは中坊の俺にとってとても同じ人間とは思えないほど、パワフルかつ超絶技巧に溢れたもので、「こんな凄い人がいるのか!」と衝撃を受けた記憶があります。

 

当時俺はバスドラムを2つ使う「ツーバス」ドラマーでしたが、初めて聞いたひぐっつぁんのドラムに「ああ、この人もツーバスかぁ、すげぇな!」と思ったんです。

ところが写真やビデオを見るに、ワンバスしかない。ツインペダルか?と思っていたらホントにシングルバスだったんですね。シングルバスで限界まで踏んで、それでも足りないときはフロアタムを絡めることでツーバス的なサウンドを叩きだしていたんです。

ツーバスはおろかシングルバスですらまだ満足に踏みこなせていない自分にとって、まさにそれは神の領域でした。いや、いまでもそうかも^^;

 

ライヴ2回ほどでスネアのリムを交換しなければならないほどパワフルなショット、そして超絶的なテクニック。今のドラマー全てに多大な影響を与えた、偉大なるドラマーでした。

 

 

ひぐっつぁん

本当にありがとう
どうか、安らかに。

1件のコメント

  1. ほんとに残念です。

    ikedaさん世代、俺世代大差ないけどこのジャンルが好きな人には
    神的存在でした。

    久々に聞くかな・・・LOUDNESS

コメントを残す