Ikeda->Weblog();

Ikedaの徒然雑記。

周囲の人間にも続々と

| 3件のコメント

周囲の人間にも続々と初恋の人から手紙が届いていました。

ということで、名前を伏せて勝手にご紹介。

Hさん(女性)

H、元気?
今でも血液型で性格が決まると思い込んでいますか?本気でB型はマイペースだと言っていたHがなつかしいです。

 

泣きじゃくるHが「好きだけど寂しいから別れる」と言って自分から連絡を断ったあの日から、もう13年が経ったんだね。月日が流れるのは早いものです。

 

あ、そうそう、手紙を書いたのは何か理由があるわけではないんだ。Hに名前が似てる犬がいて、ふとなつかしくなったから、たまには思いついたままに何か書いてみようと思っただけ。ふふ。

 

今さらだけど、おれはあまりHのことを分かってあげられなかったなぁと思っています。寂しがりだったHに「寂しさは気の持ちようだ」と言って冷たく突き放していたし、「もっと強くないと疲れる」とよく言っていた記憶があります(でも強い女は嫌いなんだけど…苦笑)。本当はおれも自分に余裕がなかっただけで、弱いところも好きでした。

 

そういえばHにとって、おれが最初の彼氏でしたね。だからか、最初のころのHは、かなり猫をかぶっていたように思います。最初のころは、少なくとも「ねぇねぇ、のどぼとけ触らせて♪」などと言えなかったはず。今では勝手に触るぐらいになっているんでしょうね。

 

付き合ったばかりのころのHを思い出すと、不安だったのか「別れたら罰金10万円ってことにしよう。だって別れないでしょ?」などと言っていましたね。プレッシャーに負けて「うん」と言ってしまったのを覚えています。10万円どこに振り込めばいいですか?

 

Hと付き合えて本当によかったなぁと思うところは、わりとネガティブな人の気持ちが分かってきたことです。それにより自分の包容力も多少は強化されました。どうもありがとう。

いろいろ書いたけど、おれはHのことがそれでも好きでした。これからもHらしくいられるよう、あと、そろそろドリンクバーから大量にシロップ持ち帰るのはやめて(笑)、幸せをふりまいてください。

 

またいつか会いましょう。では。

 

P.S. Hがクリスマスにくれた観音像、まだ飾る場所が決まりません。

 

 

Jさん(女性)

J、元気?
もう自分のことを「ボク」とかは言わなくなったかな?あのころのJをなつかしく思います。 

 

Jが「もっと私に興味を持ってくれる人と付き合う」と言い捨てて別れたあの日から、もう25年が経ったんだね。月日が流れるのは早いものです。

 

手紙を書いたのは、とくに用事があるわけではないんです。ただふと思い出して懐かしかったので、思いつくままに手紙に書こうと思って。ふふ。驚いたかな?

 

今あのころの付き合いをあらためて考えてみると、うちらってめちゃめちゃな恋愛でしたね。なんだかんだ言っても余裕があるのはいつもJのほうで、おれはいつも不安がっていたような気がします。そういえばJはよく「私と別れたら大丈夫なのかなぁ。心配」って言ってましたよね。心配なわりにバッサリいって、すっきりしていたJが忘れられません。

 

あ、そうそう、Jからしてみればおれは初恋の相手でしたね。付き合った当初はやけに「恥ずかしい」という発言を連発していて、こっちが恥ずかしくなった記憶があります。今思えば、むしろ恥ずかしいのを好んでいたんですね。

 

まだ付き合い始めのラブラブだったころ、Jは「もう彼氏は人生に一人いれば充分」などと言っていましたよね。嘘つけと思ったけど、嬉しかったなぁ・・・。ま、結果を見てみても、完全に嘘だったけど(笑)。

 

全体的に言えば、おれはJと付き合えてよかったと思っています。だいぶ自由人なJに疲れたところはあったけど、おかげでかなり精神力が鍛えられました

 

いろいろ書いたけど、おれはそんなJのことが好きでした。これからもJらしさを大切に、あと、そろそろ飲尿ダイエットに興味持つのはやめて(笑)、新しい誰かと幸せになってください。

 

またいつか会いましょう。では。

 

P.S. あのころのJは、なぜかお婆ちゃんのニオイがしました。

 

 

Kさん(男性)

K、元気にしてる?
今でもGカップと付き合う夢を追いかけていますか?それを毎日のように私に言っていたKをなつかしく思います。 

 

泣きじゃくる私にKが「別れても連絡するから大丈夫だよ」と慰めつつパッタリ連絡が来なくなったあの日から、もう34年が経ったのですね。月日が流れるのは早いものです。

 

お手紙を書いたのは、とくに用事があるわけではないんです。ただふと思い出して懐かしかったので、思いつくままに手紙に書こうと思いました。ふふ。驚いたかな?

 

今考えると、私ってKに対してひどいことばかりしたなぁと思います(汗)。Kはいつも私のこと包んでいてくれたのに、私は臆病で心を開けなかったし、「Kはどうせ私のカラダ目当てじゃない!」なんて暴言を吐いていましたよね。それは事実としても、もっと他の言い方がなかったものかなぁと反省しています。

 

そういえばKにとって初恋の相手が私だったんですよね?最初のころのKは、なんだかキスするときも勢いありすぎて、あのときは少し怖かったんですよ。慣れてくるとやけに自信をつけていましたね。「おれうまいだろ」って(笑)。

 

Kは付き合った当初から思いやりに溢れていて、「一生おれについてきてもいいよ。女はおまえ一人でいいから」と言ってくれましたね。何様かと思いましたが、すごく嬉しくもありました。その後、結局何人にそのセリフを言ったんですか?それからのこと知りたいです。

 

恋愛を総合的に考えれば、私はKと付き合えてよかったなぁと思います。当時は少し恥ずかしかったし疲れたけれど、私が男性のように強くなれたのも、Kがどこか頼りなかったおかげだと思っています。

 

いろいろ書きましたが、私はKのことがそれでも好きでした。これからもKらしくいられるよう、そして当時のように武器屋になる夢をあきらめないで(笑)、幸せをふりまいてください。

 

またいつか会いましょう。では。

 

P.S. 今もブリーフ派のままですか?気になります。

 

Sさん(男性)

ご自分のブログにて公開されています→こちら 

 

 

晒してもいい!という方、ぜひURLをお送りください。名前は一応伏せさせて頂きますので。。

 

3件のコメント

  1. ちょwww

    武器屋さらされてるwww

  2. >シュウ

    いや、シュウのは晒してないぞーw
    Kさんは違う人^^)b

  3. リンクだったぬw

コメントを残す