Ikeda->Weblog();

Ikedaの徒然雑記。

選べる立場じゃないから、条件は3つだけ

| 1件のコメント

選べる立場じゃないから、条件は3つだけ女子大生~63歳まで“リアルな出会い”婚活バー潜入 ~ 社会:ZAKZAK

1人で来店していた天海祐希似の客室乗務員の女性(39)は「長年の飲み友達の女性が今年元旦に結婚を宣言して、急に自分にも危機感が出てきた」と語る。お見合いパーティーにも数回参加したが、年齢差や条件面で良い人に出会えず、この店を訪れたという。

「若いころは理想が高かった。いまは選べる立場じゃないから、たばこを吸わない、コミュニケーションができる、年収1000万円-の3点だけが条件」

充分選んどるがな!



条件の数の問題じゃないと思うんだけどねー。

記事中には男性のコメントも紹介されてました。

「昨年11月に入会して週1回のペースで通っている」というのは環境機器の会社を経営する男性(41)。「価値観が合う女性を店がチョイスしてくれるから、会話を楽しむだけでも満足できる」と話す。年収約1000万円という彼は、毎月6万-9万円を同店に費やしているが、「相手に気を使いながら何万円も取られるキャバクラよりコストパフォーマンスは全然いい」と言う。

この社長さんが喫煙者なのかどうかわかりませんが、年収1000万っていう条件はクリアしてますね。でも条件クリアしてる男性側は「キャバクラよりコストパフォーマンスは全然いい」と言っているわけです。

って、
単なる風俗じゃん|ι´Д`|っ

ちなみにこの風俗店婚活バーのスペックはこんな感じ。

  • 完全会員制
  • 全席58席、男女29人ずつの完全予約制
  • 女性はテーブルチャージ3,150円のみ
  • 男性は入場料+テーブルチャージ+20%サービス料+同席女性の飲み代
エグゼクティブマネージャー(要するに店長?)曰く

「キャバクラは疑似恋愛にすぎません。リアルな出会いが期待できる点が決定的に違う。ここは大人の出会いの場です」

ものは言いようですねぇ~、日本語って便利♪

----------ここから本音----------

出会いが期待できようとできまいと、こりゃ完全なキャバクラでしょ?(笑
そもそもリアルな出会いって何よ。
キャバクラ嬢はお仕事として男性と話してるから「擬似」で、こっちに来る女性は結婚相手を探しに来てるから「リアル」だと?つか探しに来てるのに『条件は年収1000万』とか言ってる人が居る時点でリアルじゃねぇっつの。男女でここまで出費に差をつけてる段階で単なるその辺にある「出会い系」と違いはないと思うけどねぇ。
おかげさまで今は結婚してるから全く必要感じないけど、今独身だったとしてもここには絶対行かねぇ(-_-)

----------ここまで本音----------

まぁ、この”天海”嬢(39)にリアルな出会いがあるといいですねー、しかも早急に




2009/03/24 11:22追記
このバーの常連さん達に参考にして頂きたい記事がGIGAZINEに掲載されていましたのでご紹介。

1件のコメント

  1. えっと・・・

    ----------ここから本音----------

    ( ゚Д゚)<氏ね!

    ----------ここまで本音----------

コメントを残す