Ikeda->Weblog();

Ikedaの徒然雑記。

090817_1525~01

軽く小旅行してきました。中編

| 0件のコメント

軽く小旅行してきました。中編さー、前編から思い切り間があいてしまいましたが、あのままだと気持ち悪いので締めときましょう(笑



テディベアミュージアムに寄ったものの、嫁の体調がちょっとすぐれなかった&時間も遅かったため、早々に引き上げ、ひとまずR135で南下。『熱川バナナワニ園もおもしろそうだよね~、でも別にバナナワニってのが居るわけじゃないんですよ』なんて話をしつつ、淡々と南下していきます。

伊豆稲取を過ぎたところでお目当ての一つ、『伊豆オレンセンター』に停車。目的はこれ。

ウルトラ生ジュース!


写真はオレンヂだけですが、実際にはブルーベリーもあります。これが凄まじく濃厚で旨い!

お値段は
です。が、伺った時はちょうどキャンペーンでブルーベリーが500円になってました(^-^)v

ブルーベリージュースを作っているところを見たんですが、写真のミキサーいっぱいにこれでもかという勢いで新鮮なブルーベリーを詰め込み、親の敵とばかりにMix!Mix!!Mix!!!(笑)

ブルーベリーには目にいいアントシアニンが豊富に含まれていますから、長時間ドライブで疲れ目のお父さんにお奨めのジュースです^^

さて、再びR135を南下し、河津で県道14号線に入ります。ここからは一転、北を目指します。

河津バガデル公園を横目に見ながら北上し、R414に合流。河津名物のループ橋には嫁も義母も感嘆の声をあげていました。俺は横Gを楽しみながら前方注視です。天城峠ではお約束の『天城越え』を口ずさみつつ、「あー、シシ鍋食いたい」とか思ってみたり。

近くに『天城イノシシ村』ってのがあって、さまざまなイノシシや動物、イノシシ芸などが楽しめます。また、村内のレストランでは旨いシシ鍋も食えるという・・・・生命の尊厳について考えさせられる村です(笑

※追記通った時は『看板無いな~』くらいにしか思ってませんでしたが、調べてみると2008年11月30日で閉村になっていたようです(´・ω・`)ショボーン

R414からR136と走り継ぎ、修善寺から修善寺道路で軽くワープ。有料道路を下りたら本日の宿泊地、伊豆長岡温泉は目の前です。

道路工事による迂回に混乱するナビを尻目にさくさくと勘で進み、今日の宿『弘法の湯 長岡』に到着。初めて泊まる宿ですが、楽天トラベルの人気ランキングにおいて、2009年上半期も伊豆長岡地区No.1となった宿のようです。
もともとは湯治場だったようですが、現在は日帰り入浴・宿泊OKです。
岩盤浴・ミストサウナ・ラドン温泉や、ストーンセラピールームやマッサージ、フィットネスマシンのほかカラオケルームまで完備されており、宿泊客はこれらを無料で利用可能!!だそうですよ^^

我々の部屋は別館(という名の旧館?)で、歴史を感じさせる建物でした。しかしながら決して暗い雰囲気とかではなく綺麗に整備されており、ちょっと伝統のある旅館、という感じ。部屋も広々としており、トイレと内風呂、持込用の冷蔵庫までありました(笑

食事は2Fレストランで頂きましたが、ボリュームもあり味もなかなかいい感じ。ただし、通常の宿のように「食事の用意ができてから行く」のではなく、「行ってから食事を用意してもらう」という形になりますので、混みあう時間帯にはちょっと待つことがあります。あ、ご飯と汁物はセルフサービスでお代わり自由でしたよ ^^)b

風呂は大きめの浴槽が2つ。どちらもラドン温泉ですが、温度がぬるめと熱めに設定されています。それに気付かず、いきなり熱めの湯に入ってしまったり^^;; 5分持たずにぬるめに移ったのは内緒です。
隣にはミストサウナルームがあります。出てきた人の会話を聞くに、「かなり熱い」ということだったので、今回は謹んでご遠慮しておきました^^;

スタッフの皆さんは非常に親切で対応も良かったですよ^^)b

ただ一つ、個人的に残念なのは「館内全面禁煙」。まぁこれはよくありますが、「客室内も禁煙」なんです。ちょっと一服・・・って時に本館-別館渡り廊下まで出ないといけないのはちょっと不便ですね。。

でも、また長岡の辺りに行くときは利用させてもらうつもりです!安いしね(笑

後編に続く。

コメントを残す