Ikeda->Weblog();

Ikedaの徒然雑記。

Google先生は知っている、妻の本当の気持ち

| 5件のコメント

Google先生は知っている、妻の本当の気持ち既に結構有名なネタなんですが、あまりにあまりなので勢いあまってご紹介。

「結婚」についての名言は沢山ありますが、

結婚をしないで、なんて私は馬鹿だったんでしょう。これまで見たものの中で最も美しかったものは、腕を組んで歩く老夫婦の姿でした。
グレタ・ガルボ

結婚生活はすべての文化の始めであり、頂上である。それは乱暴者をおだやかにするし、教養の高い者にとっては、その温情を証明する最上の機会である。
ゲーテ 「親和力-一部」

結婚を尻込みする人間は、戦場から逃亡する兵士と同じだ。
スティーブンソン 「若い人たちのために」

と、賛美する内容の名言ももちろんあります。が、

結婚は人生そのもの。戦場であって、バラの園ではない。
スティーブンソン 「青年男女のために」

結婚、いかなる羅針盤もかつて航路を発見したことのない荒波。
ハイネ

結婚生活でいちばん大切なのは忍耐である。
チェーホフ 「決闘」

結婚生活…このはげしい海原を乗り越えていく羅針盤はまだ発見されていない。
イプセン 「青年連盟」

結婚とは、男の権利を半分にして義務を二倍にすることである。
ショウペンハウエル 「幸福のための警句」

えーっと(^_^;; という名言のほうが遥かに多かったりするんですよね~。

結婚する男に「とうとう年貢の納め時だな」なんて冗談半分に言ったりするし、からかいの意味も多分にあるんでしょ^^;

と思ってました、今までは。

しかし、Google先生はご存知だったのです。お見通しだったのです。
夫がいくら妻を愛し全てを捧げようとしていたとしても、妻が同じように考えている、とは限らないということを。

その証拠をご覧にいれましょう。



まずはGoogle先生で「」と検索してみます。この時、キーワードの後ろに半角スペースを入れるとよく検索されているキーワードの組み合わせがリスト表示されます。検索結果にも「他のキーワード」としていくつか表示されます。

「妻」と一緒によく検索されるキーワード

上位にプレゼントというキーワードが並んでますねー。きっと奥さんの誕生日プレゼントは何がいいか、いろいろ探しているんでしょうね。

さて、今度は「」で同様にやってみた結果。

・・・・・・・・・・・・・・・・・!!!( ̄□ ̄;;

ね、念のため「旦那」で再検索。

( ̄□ ̄;;

( ̄□ ̄;;

( ̄□ ̄;;

( ̄□ ̄;;

どーーーーー( ̄□ ̄;;ーーーーーーんっ

いかがだったでしょう。。。。Google先生は全てご存知だったんですよ。この悲しい現実を。。。

ちなみに「死んで欲しい」で検索してみると


親→姑→夫→旦那→父親 の順で死んで欲しいようです。夫・旦那が5個中2個。

サブウィンドウに隠れてますが、「他のキーワード」がこちら。


こちらも夫・旦那の出現率が高いですね。。

さらにさらに、画面下部に表示される「他のキーワード」。


右端の上下に「旦那 死んで欲しい」が並んでますよ。。もちろん「夫死んで欲しい」は上位に登場ですよ。

そんなに死んで欲しいのかorz

キーワードもさることながら、そのキーワードのヒット数も・・・・・・・・・

5件のコメント

  1. うは~~~^^;
    何それ@@;
    オソロシヤ。。。。
    私はそんなこと一秒たりとも思ったこと無いデス><ノ

  2. わおっ!

  3. >Mutsuki

    そりゃ今から思ってたら問題だってば(笑
    ウチの嫁だって1秒たりとも思ってない!はず!!だよ、、うん。


    >chibi

    ・・・・・・・・・・・・・わお?・・・・・・・・・・・・・心当たりアリ?(爆


    それにしても人妻が素早い反応。。。。やはりというかなんというか。w

  4. いや、『旦那 嫌い or 死んで欲しい or むかつく』で何を見つけたいんだろ?って。
    お弁当とか、小遣いとかは、思い当たる節はあるねぇ~(笑)

    私は、ママ友の仲でも旦那の愚痴を言うほうっていうか
    離婚するかもっ!みたいなことまで話していたぐらいだったけど
    上には上がいるなぁって(^_^;)

    旦那に健康管理について、口すっぱく言った後
    『自分だけの体ではありません!ちゃんと健康のことを考えて行動してくれないのなら、死ぬときにはぽっくり死んでください!』
    と本人に言ったことはある(^皿^)

  5. こ、これは・・・

    可愛いお嫁さんが欲しいなんて呑気なこといってる場合じゃないかも・・・。

コメントを残す