Ikeda->Weblog();

Ikedaの徒然雑記。

FeedDemonからTwitterにつぶやく方法

| 0件のコメント

FeedDemonからTwitterにつぶやく方法お久しぶりな更新です。毎度!(こら

なんと昨日、『Ikeda->Weblog() » FeedDemon 3.1 がリリースされたようですという記事に対してコメントを頂きました!!ありがとうございます!!

FeedDemonからDiggdel.icio.usにポストする「Send to」機能は以前からありましたが、どうやらFacebookTwitterへのポストもサポートされたようです。

ということで、ものすごく簡単にやり方をご紹介。



記事を読んでいて「おおっ!これはつぶやかねば!!!」と思ったら、まず記事リストのつぶやきたい記事を選択して


右クリック。


と、ポップアップメニューが出てきます。これの下から二番目、「送る」メニューが「SendTo」メニューになります。
早速選択。



さらにサブメニューが開きます。クリップボードへコピーしたり、ブログエディタに投稿もできるようですが、目指すは一番下の「」(Hatenaは多分昔テストして放り出してた残骸、Instapaperが2個あるのは謎^^;)です。



Twitterを選択すると、、、



FeedDemonのブラウズ部分にTwitterが開かれます。ログインしていない状態であればログイン画面になります。



ということで、おもむろにログイン。
一度ログインしておけば、FeedDemonを終了するまでの間は維持されるようです(長時間放置すると自動でログアウトしてしまうかもしれません)。

ログインするとお馴染みの流れるTLが出てきます。
「いまどうしてる?」の、自分のつぶやき入力エリアに注目。


このように、記事タイトルとURLが埋め込まれた状態になっています。あとはこのまま「投稿する(update)」を押せば完了!コメントを追記してもいいでしょう^^

API経由ではなくブックマークレットと同じ動きですねー。URLを短縮して、、というのはちょっと難しいかもしれません。


この投稿される文字列は、

%FeedDemonインストールフォルダ%DataSendToTwitter.xml

をテキストエディタで編集してやればオリジナルに変更することができます。

<?xml version="1.0" encoding="utf-8"?>
<fdsendto service="Twitter" useInternalHttp="false" template="http://twitter.com/home?status={title} {url-short}" />


status= の後ろにある部分がつぶやきのテキストになります。今は{title} {url-short}となっていますが、この{}で囲まれた部分が記事のタイトルやURLに置換されるわけですね。
どういう置換キーワードがあるのかは、、、、、あれ、どこに書いてあったかな;;

すいません、また探しておきます!^^;;;

と、ともかく、例えば

status=[WebClip]'{title}’ > {url-short}

とすれば

[WebClip]’「本田△」は「ほんださんかっけー」’ > 記事URL

となるわけです^^)b

以上、非常に簡単ですが、、、こんなのでわかりますでしょうか?^^;

コメントを残す