Ikeda->Weblog();

Ikedaの徒然雑記。

数字でスマフォアプリをGETする「あぷり握り」リリースしました

| 0件のコメント

数字でスマフォアプリをGETする「」リリースしましたさて最近思い出したかのようにブログを書いているikedaですこんばんは。

先日、日経マネー様とのコラボアプリについて記事にしましたが、実は同時に新たなRHETOLO周辺サービスをリリースしていました。その名も

 

「あぷり握り」!

 

また握りかよっていう突っ込みは華麗にスルーの方向で。

 

基本的に「れとろ握り」がベースですが、今回は(も?)かなり用途を絞ったものにしてあります。詳しくは続きで。
・・・・ってそんな難しいサービスじゃないんですけどね。




 http://rhetolo.jp/apps/

 

通常の「握り」はWebサイトのURL、「にぎりマップす」は位置、「にぎりアドレす」はメールアドレスを握る(数値化する)ものでした。
今回は「あぷり握り」・・・・そう、スマフォアプリを「握り」ます!

 

スマートフォンは大まかにわけてiPhone/iPad等のiOSとAndroidが(WindowsナントカとかPalmナントカにはちょっと目をつぶっておいてもらってですな)ありますよね。で、それぞれのOS向けに無料/有料さまざまなアプリがリリースされています。
アプリをダウンロードするには、iOSであればAppStore、AndroidであればAndroidMarketにアクセスする必要があるんですが(iTunesとかもありますが)、とりあえずこのURLも長い!
例えばRHETOLOアプリであれば、

 

 

 

なんてことになります。そこで、「このURLも握ってしまえ!」というのが今回の「あぷり握り」なんですね~。

 

あぷり握りでは、指定されたアプリのマーケットURLから「0104*ユニークな数字」というレトロコードを生成し、

 

http://.jp/0104/ユニークな数字

 

というURLでアクセスすることを可能にします。アプリ作者の方々はもちろん、お気に入りのアプリを友達に伝えたいとき、ブログなどでレビューするときなどに「あぷり握り」でマーケットURLを握っておけば、簡潔に伝えることができます!

 

握られたレトロコードはもちろんRHETOLOアプリから検索可能ですので、そのままiTunesやマーケットにアクセスしてもらえますね。

 

また、今回のあぷり握りから、生成したレトロコードについて「レトロバッヂ」やQRコードを同時に生成するようになりました。ぜひこちらもサイトに貼りつけるなど、ご自由にお使い下さい!

 

 

 

では簡単に使い方をご説明。
まず「http://rhetolo.jp/apps/」にアクセス。
ここでデバイスのOSをiPhone/iPad(iPod Touch)とAndroidから選択してください。

 

続いてその下の部分。
こちらにアプリ名称とAppStoreのURLの「続き部分」を入力してください。アプリ名称は省略可能です。AppStoreの場合は数字のみのアプリIDになりますが、Androidの場合
当然こうなりまして、入力すべきURLの続き部分はいわゆるアプリのパッケージ名になります。

 

「アプリIDとかパッケージ名なんて覚えてねぇYO!」

 

という方、ご安心あれ。
フォームの上にある「AppStore/AndroidMarketから検索」というボタンにご注目。これをポチっとな・・・
うにょーーん、とこんな検索フォームが出てきますので、ここにアプリ名やキーワード、デベロッパー名などを入力して「検索」してみてください。

複数のキーワードを半角スペースで区切って入力することで絞り込むことができます。検索結果は最大5件表示されますので、ヒット数が多い場合はキーワードを追加して絞り込んでみてください。

 

なお、AndroidMarketの場合、例えば「韓国観光」アプリに対して「韓国」ではヒットしないけども「Korea」でヒットする、なんて不思議な現象が起こることがあります。頑張ってみましたがどうもAndroidMarket側の大人の都合らしいので、日本語でダメだった場合は英語で入力するなどお試し下さいm(_ _)m

 

試しに「RHETOLO」で検索してみました。
こんな感じです。
「これ!」というアプリをクリックして頂ければ、必要な情報(アプリ名・ID等)が元のフォームに入力されます。


ここまで来たらもう勝ったも同然。おもむろに下にある「握る」ボタンをクリック!クリック!(実際は1回にしてくださいねw)

 


無事に握れました!
今回は0104*113というレトロコードが発行されました。下が短縮URL、続いてレトロバッヂとQRコードとなっています。「れとろ握り」と同じくこの画面からそのままTwitterにつぶやくことも可能です。
レトロバッヂの大きさや色、装飾を変更したい!という場合は、バッヂの下にある「大きさやデザインを選ぶ」リンクをクリックして頂ければ、そのまま「バッヂジェネレータ」に情報を引き渡します。

 

駆け足になってしまいましたが、こんな感じでお分かり頂けましたか?っていうか、

 

これ以上の機能はありません!

 

ということで、よろしくお願いしますm(_ _)m

 

いやマーケットの検索ホント大変だったんですよですよですよ特にAndroidMarketがががが。

コメントを残す